Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< 図書館総合展2009フォーラム参加記その6「貸出履歴を利用した新しい利用者支援の展開リターンズ」 | main | 図書館総合展2009フォーラム参加記その8「図書館員に試験!? 図書館情報学検定試験を考える」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
図書館総合展2009フォーラム参加記その7「図書館グッズが利用者と館員を元気にする! -事例発表・討論・物々交換会-」
図書館総合展会場でフォーラム全コマ参加、参加した全てのフォーラムで内容をポメラにペチペチペチペチと打っておりました。
その成果を当ブログで紹介しています。

3日目1コマ目は
図書館サービス計画研究所主催・フォーラムプログラム
「図書館グッズが利用者と館員を元気にする! -事例発表・討論・物々交換会-」
に参加しました。

詳細は「続き」で紹介しております。  

11:55までは会場前方の机に並べられたグッズの見学会。
外部発注で作ったものと、内部で作ったものとの2分類されていました。
また、一部は無料配布されていました。東工大のうちわは積極的に配られてました。
展示されている図書館グッズの多くは紙製のなにか。特に栞が多い。
個人的には「図書館ロゴ入りの置き傘」が非常に機能的だ、と思いました。図書館に長居していたら、雨が降ってきた…でも本は借りて帰りたい、という方には助かりますよね。

基調講演
「爆笑学問」での国会図書館の回を公開。
図書館グッズはイベントと連動すべき。
たとえば、太田図書館長、司書田中的なイベント。
そういうときにグッズを作れば効果は高い。

図書館員…
社会的評価
専門家としての地位
どう高めるのか。

グッズは意外と作られている。
ゆるきゃらの流れで、図書館キャラクターも意外といたりする。
図書館グッズはまだあまり研究はされていないが、研究者は個人的にキャラ好きが多い。
トサケンオフ会から、グッズの研究会開設。
旭川で講演会を開くまでに。講演への評価も上上だった。
そのときの「コンテストやれば」の意見が今回の展示に。
海外ではガチっと作ってメジャー路線として売っている(米国図書館協会、英国図書館など)。
日図協ではグッズを作るように働きかけているがなかなか動かない…じゃあこちらで作ってみよう、ということ。
研究はこれから。研究会に是非参加を。

リレー発表
東京都図書館協会の研究助成制度で採択されたところもスタートの一つ。
研究の計画概要を説明。実際にグッズを作ってみて成果とする。

何を作るか、となった場合、一番認識のある「栞」に落ち着いた。作成の枠組み。
認識されやすい、
栞を通じてメッセージを発信可能
個人への広報媒体として、
多様な形 デザイン 機能付加 制作費用
という長所がある
図書館のイメージを新しく創るメッセージを。
栞をつくることで、私の図書館を考える。

グッズを創って元気になったその先は。
海外文献調査を中心に。
品物に、特定のシンボルやメッセージを入れればグッズになる。
目的・対象といったターゲットの属性把握が重要。
海外は何を考えているか?
→意外とウェブ上には情報は見つからず…。
google bookの全文検索から書誌把握、そこから検索へ。
すると図書館マーケティングの文脈上で図書館グッズは語られていた。
広報 宣伝 広告 主張 ブランド確立 掘り起こし。
グッズは氷山の一角で、マーケティング、ブランディング、広報広告の上に存在する。道具であって何のための道具にするかを考えていかないと。

グッズの全国調査の結果。
1つくるがわの調査
2制作目的と変化
3つかうがわの調査
調査結果はポスターセッションにて(後で確認しましたが「もらって嬉しい」「もらって嬉しくない」どちらの上位にも栞が来てました…ボールペンなんかは評価が高いようで、「実用性の高い」「消えもの」が貰う側としては嬉しいようです)。

うちの子自慢
各図書館グッズ製作者が、そのグッズの売りやこれからの展開を紹介。ゆるキャラ率高め。

提言
渡辺さん(広告制作ディレクター)
広告を作る際に「ジャンプする」という考えがある。
図書館広報は「本を利用してもらうにはどうすればいいのか」、という考えに帰結しがちだが、「本を利用する人がどうするのか、利用者の気持ちはどうか」という点に着目したほうがいいですよ。
利用者のライフスタイルなどを考えて、「図書館」に帰結させるアイデアを出していただければ。

岡本さん(ARG編集者)
あえて辛目のことを申し上げる。
たとえばyahoojapanが20万個グッズを使っても効果は0.1%。そういうものです。
海外の企業はグッズを配りまくる。でかい紙袋をもたせる!
グッズは受け取る側が金を出して欲しいと思うかどうか。売れるくらいの物を創らないと。何か始めるにはブームにあわせた、で終わらないように。
グッズを作るときにはその出口を考えよう。手にとって何をして欲しいのか、どういうアクションをとっていただきたいのか、そこを考えてグッズを創ろう。グッズを作って終わりじゃダメ。
来年は交換会ではなく、販売大会くらいを目指そう。

感想
図書館グッズ、作ったら楽しそうですよねー。
でも、作っておしまいじゃダメなのは確かですよねえ。内輪で盛り上がったり、今の利用者にもっと好きになってもらうためのグッズよりも、興味のない人に「おお!」と思ってもらうものを作るほうがいいのですが、それは難易度がかなり高そう…。

また、フォーラムに参加してアンケートを書いた人は漏れなくALAの栞がもらえました。ALAの栞では、メジャーなキャラクタや、著名人(自分が貰った栞ではテニス選手のヴィーナス・ウィリアムス、俳優のオーランド・ブルーム、女優のキーラ・ナイトレイがいました。なおオーランド・ブルームは「指輪物語」を手にしています。ある意味期待を裏切らない!)が本を読もう、と呼びかけていました。日本ももっとこういう活動したらいいのになあ。このフォーラムのプレゼンで、10年ほど前のJLAは「ポンキッキーズ」のコニーちゃんをキャラクターとして起用してたようですが、その辺が限界なのでしょうか?

ちなみに、図書館総合展のブースでもらったノベルティで貰って嬉しかったのはNiiの手さげバッグ!自分の中ではダントツです。なんと言っても他の人が持ってるのを見て、自分もNiiのブースに行ってバッグ貰いにブースを訪れたくらい(もちろんブースも見ましたよ)。素材がナイロン系のバッグで、色も茶色でロゴの大きさも控えめ。図書館外でも使えます(私はエコバッグにする気満々です)。

| 図書館 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | - |









http://libris.jugem.jp/trackback/1241