Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< シアター!/有川浩 | main | 初夜/イアン・マキューアン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
斉藤和義ライブツアー2009≫2010「月が昇れば」@中京大学文化市民会館オーロラホール

ずっと「一度は生で観てみたい」と思っていたミュージシャンの一人、斉藤和義さん。
地元でやってたライブのチケットが売り切れていて、想像以上に悔しい気分だったので、隣の県での公演に行ってきました。結局4階席でしたが…。

で、はじめての斉藤和義さんを見ての感想ですが。
いやあ!カッコイイ!あんな40代になりたいぜ!って思わせるライブでした。で、こんなんならもっと前からライブに行っておくんだった!悔しい!とも思ってしまった。
ツアータイトルにもなってる「月が昇れば」からは全曲やった上で、過去の曲もバンバンやって(「スナフキン・ソング」とか「彼女は言った」とかかなり懐かしい曲や、皆知ってる「歩いて帰ろう」に、大好きな「歌うたいのバラッド」や「ベリーベリーストロング」もやってくれて満足!)、Wアンコール含めての2時間半、あっと言う間でした。一番最初は最新アルバムの「COME ON !」で始まり、アンコールを含めた最後の最後は最新アルバムのラストの曲「アンコール(そういう題名なのだ)」で終わるという構成も綺麗。
噂には聞いていたけど「君の顔が好きだ」のライブ版は歌詞がエロイ事になっていた。大勢の前で放送禁止用語を歌うその姿が嫌らしくないところが凄いなあ。

で、なんといってもギターが上手いんですよねえ。手足が長くてギターを持つ姿が映えること映えること。あんなにいい音色鳴らせるって凄いんだろうなあ、とギターを弾けない私でもよーく分かりました。あの姿には女はほれるんだろうな。鍵盤楽器とかブルースハープ弾かれたら更にほれる。でMCと演奏はギャップがあるんだ。それで更にほれる。それくらいは男の私でもでもよーく分かりました(笑)。少なくとも同行者(女性)はCDで聴いてくだしていた評価が、生で見た事でガツーンと上がったという旨の発言をしておりましたよ。

で、4階席で見てたわけですけども。当然ですが、ずっと見下ろしっぱなしでした。オペラグラスで見ても充分な距離。たまに手を振ってくれるのが嬉しかったなあ。普段はライブハウスとかで生の音楽聴くことが多いんですが、そういうのとは全然違う楽しみ方だったよ。

次はもっと早めにチケットとって前で観たいですねえ。
ちなみに他の「一度は生で観てみたい」と思っているミュージシャンは椎名林檎(東京事変)だったりするけども、これはチケット獲得が非常に困難だろうなあ。

| 映画・ライブ・コンサート | 22:15 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |
こんにちは。突然の投稿失礼します。演劇公演のこ

とですが、私も情報を一つご提供いたします。
米国神韻芸術団が2010年3月に4度目来日公演、詳細はホームページまで。
http://www.ticket-online.jp/home/

芸能界の有名人から2009年日本公演への評価:
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html

作詞家・東海林良氏(日本音楽著作権協会会員)、世界的チェロ奏者で作

曲家でもある平井丈一朗氏、演技派俳優・村田雄浩氏、日本映画ビジュア

ルエフェクト(VFX)クリエーターの第一人者・柳川瀬雅英氏、人間国宝の

善竹十郎氏、芸能人のデヴィ夫人からのコメントがあります。
| takumi | 2010/02/12 9:55 AM |









http://libris.jugem.jp/trackback/1273