Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< カーリルについて、図書館の中の人の感想。 | main | マジアカ登校記録(VII初登校) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フリーター、家を買う。/有川浩

有川さんの去年出た作品を読みました。

就職して数ヶ月で仕事をやめた主人公。暫くはバイトを転々としていたフリーター生活を送っていたが、家族に重大な問題が発生する…主人公は変わらざるを得ない。が、金は無い、経歴も無い。さあどうする?というお話。

うむ。相変わらず安心して読めるねえ。有川さんの作品の中ではかなりトーンの重い展開がいくつかありますが、まあそこはあり皮作品。ハッピーエンドが準備されている作品だからその辺は安心。

厳密言えば「フリーターが家を買う」という話ではないのですが。まあそこは物語の本題とは意外と関係なかったりする。物件探しで色々ページを割くかと思ったら意外にあっさりしてたよなあ。
どちらかというと「働いて家族を支えるってのはどういうことなのか」「すねかじりが稼ぎ手になるにあたっての成長」といったお話でしたね。

やっぱり有川作品って「現実こうなったら良いな」と読んだ後思えるスカッとする話だけど、ああ、自分もがんばんなきゃって思えるところが魅力なんだし、文章も一気に読みきれるように、倒置法を多用した勢いのいい文章でかかれてます。で、文章で大体のことは説明されているので分かりやすく、行間を深く読む必要は無い…で、かなり大仰な心情や会話表現、ベタ甘恋愛ももりこんでマンガチックな楽しみもありつつ。
…それを狙って書いてる。もう、現実ベースのファンタジーってな、そういう物語を作らせたら職人クラスだなあ。
だけども取材やらは裏打ちしておいて、現実の地味でめんどい所はあえて書いてない所もありつつ。これはある種のプロ意識。娯楽小説です、文学や直○的なそこそこ重厚感を求めてる人は他所へどうぞ、ってことなのかも。

| 日記・たわごと | 00:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | - |









http://libris.jugem.jp/trackback/1279
フリーター、家を買う。 有川浩
「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!? 崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。 町内でのいじめ、家庭内不和、困難な就職、精神疾患と重い出だ...
| 粋な提案 | 2010/12/18 1:57 AM |