Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< 楢崎様が下さった勝ち点3 アウェイ・C大阪戦 | main | 1Q84 BOOK3(ネタバレあり)/村上春樹 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第9地区/ニール・ブロムカンプ監督

ネット上のちょいと捻くれた視点入った方々からアツい絶賛を受けている映画「第9地区」を見てきました。「アバター」はスルーしてコレを観にいってしまうのが、自分という人間なのだなあ…。で、感想。

なにこれすごくおもしろい。

SFだし、ドンパチ系アクションだし、巻きこまれ系だし、風刺作品でもあるのだ。
この作品に無いのはセクシーな姉ちゃんや美女とのロマンスとか、主人公のライバルとか、そういうの位で、映画の面白みがテンコ盛り。ただ、PG-12指定受けてるだけあって色んなものがドバドバしたり、飛び散ったりしますので、その辺苦手な人はダメだけどな。

え、この大きな宇宙船が来てから20年たってるの?というとこからまず話が始まる。
んで、舞台が南アフリカ。しかもヨハネスブルク。
エイリアンものなのにエイリアンが侵略者じゃない。むしろ難民だ。しかも隔離されてるし。
で、そのエイリアンをどうこうするという組織のとあるミッション責任者が主人公。
主人公がかなりボンクラ役人チック。だけどボンクラなりに必死にならざるを得なくなる。前半と後半の対比がかなり面白い。
途中でドキュメンタリーみたいな映像がいくつも挟まれる。なにこれ。先が分からない。だけど終わって得るのは満足感だ。おおおそういうことか!と、そしてその一方で色々思いを馳せるのだ。

…まあ観てる時から皮肉タップリに作られてるのがわかる。でも皮肉が先に来てなくてまず第一に娯楽作品として楽しめる。先が読めない、けどまあとにかく加速感がある。無駄なシーンが皆無だと思う。脚本うまいですなあ。
色んな視点のカメラワークがある。これがイカス。1人称から、俯瞰から、防犯カメラチックなやつまであるよ。
まあなんで人と違う星の生物がそれなりに会話できるのか、とかよく分からんけど。識字教育したんだろうか。まあ野暮なツッコミだな。

好きな映画雑誌は「スクリーン」でも「キネ旬」でもなくて「映画秘宝」だ!というそこのあなたは、絶対に観にいくべきです。

| 映画・ライブ・コンサート | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - |









http://libris.jugem.jp/trackback/1287