Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< 時間のなかの子供/イアン・マキューアン | main | 四畳半王国見聞録/森見登美彦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シアター!2 / 有川浩

有川さんのメディアワークス文庫描き下ろし、やっぱり出ました、って感じの続編です。
読み終えてみたら、3巻完結だそうな。
1巻から表紙を見てるとシアターフラッグのメンツが一人ずつ描かれてるので、3巻のメンツが消去法で予想できる…少々地味目になりそうな予感がしなくもない。

それはさておき、1巻に比べると劇団員の恋模様が強く描かれ始めた印象。まあ2組は予想通り、1組はまあ想定内、1組はへえ、って感じです。ていうか劇団の完全に外の人と、って人もいてもいいのかもと思ったけどなー。劇団外の人は、一部を除いて書き割りか咬ませ犬と割り切って書かれているからなあ。
その一方で「舞台づくり」の内幕をさらっとわかりやすく描いてしまうのはさすが有川さんである。演劇にとどまらず、舞台に立つことの喜びを知っている人間は数多くいれど、舞台に立って飯が食える人間って基本的に殆どいないのは確かでしょうね。自分が属する「合唱界」なんてプロは国内で両手で数えられる(いや、片手で足りるかも…)くらいだし。

で、1巻を読んで思った「シアターフラッグ」≒「有川浩作品」って事ですが、今回も作中で代弁させてるように感じましたねー。特に劇場支配人とのやり取りの所がね。「文学賞を取っていただくには、いまの『面白いだけ』の小説では」とか誰かに言われてブチ切れる有川さんとかマジありそう。
実際「私の小説を支持してくれてるみんなを馬鹿にするな、そんなみんなの支持を曲げてまで文学賞貰う気なんてさらさらない、むしろこっちから願い下げだ」と強く思っていそうだし(勝手な想像ですが)。
「シアターフラッグ」≒「有川浩作品」の証明ってわけじゃあないですが、有川さんは「スピンオフ」で「もうひとつのシアター!」という脚本を書いて、有川さんが執筆の際にお世話になった劇団「team劇団子」が上演して(全日満員で上演終わったそうです)、この脚本が本になって売り出されるそうな。この辺はさすが角川としか…。

| 読書 | 11:05 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 11:05 | - | - |
はじめまして。
わたしも有川さんの小説大好きです。
シアター!2わたしも読んだのですが、リブリスさんみたいには書けませんでした。

脚本が本になって出るんですね!!
知りませんでした。ありがとうございます:)
| ryo | 2011/02/09 10:35 AM |
>ryoさん

コメントありがとうございます。
いやいや、ryoさんの記事読ませていただきましたが、キャラへの愛情があって素敵ですね。
自分は自衛隊三部作のころから設定読み派だったりするんです。ryoさんのようにキャラクター中心でも読めるし、私のような読み方もできる…キャラへの愛と設定へのこだわりが両立できる有川作品のバランス感覚は見事ですね〜。

あ、脚本は文庫で出るみたいですよー。
| Libris | 2011/02/10 12:25 AM |
文庫なんですか!
うれしいニュースです:)

自分の読み方に注意をむけたことはなかったんですが
そういえばいつもキャラクター中心に読んでる気がします。

リブリスさんのおかげで新しい視点をゲットしました!!
ありがとうございます
| ryo | 2011/02/10 10:26 AM |









http://libris.jugem.jp/trackback/1309
「シアター!2」有川浩
「2年間で、劇団の収益から300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」―鉄血宰相・春川司が出した厳しい条件に向け、新メンバーで走り出した『シアターフラッグ』。社会的には駄目な人間の集まりだが、協力...
| 粋な提案 | 2012/08/31 5:36 PM |