Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< 四畳半王国見聞録/森見登美彦 | main | 切りとれ、あの祈る手を/佐々木中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
いちばんここに似合う人/ミランダ・ジュライ

久々に初めて読む作家に手を出してみようか、ということで、紀伊国屋書店の投票で決める「キノベス」2010の1位作品に手を出してみることにしました。
レーベルは安心のブランド、新潮クレストブックスです。

ひゃあ。これはすごいわ。
ここまで哀しくてそして少しおかしい(どうかしてる、的な意味のおかしい)小説ってそうそうない。
しかしこんな変な小説が支持を集めているのが、なんか安心するというか。「これを面白いって思う自分はちょっとあれじゃないのか」とか思う部分もあったりなかったり、ですから。

孤独とか自我とか、考えるとめんどくさいことを、変な形で「ほい」って目の前に出されてしまう、そんな感じの短編がいっぱい。
作者が女性で、そこそこセクシャルな面にも触れられているため、男性よりも女性のほうがキューッと来る部分は多いと思うのですが、男性の私が読んでも「女性という性を生きるのは大変というか面倒だ・・・そして、男の人生は滑稽だ」ってな具合のことを思わされること多々です。

登場人物はみんな「生きづらい」感じがしまくってますが、それを煽るようでもなく、淡々と最初から最後まで描き続ける文体が素敵。著者だけでなく役者の力量もかなりのものだと思いますね。

個人的によかったのは、「水泳コーチ(一番変な話)」「マジェスティ(妄想力がすごい)」「妹(唯一男性が主人公ですが…読んでてびっくりした)」「ロマンスだった(滑稽で哀しい)」「モン・プレジール(夫婦と演技と…うーむ)」「子供にお話を聞かせる方法(時の流れの残酷さよ)」ですね。

最近国内小説よりも海外小説が面白く感じられるようになってきたな…。

| 読書 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:31 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。