Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< ファンタジーサッカー・第2.3節結果と第4節 | main | 最近読んだ本(覚えてるだけ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かわいそうだね?/綿矢りさ
綿矢 りさ
文藝春秋
¥ 1,365
(2011-10-28)

綿矢りさの最新作。表題作を含む中編2作が収録されています。

女性作家で新作追っかけているのは、今や綿矢さんぐらいになってしまいましたが、女性作家の視点を味わうと、「うお…」と思わされることがしばしば。女性の同性・異性を見る目って男と違うんだなぁとつくづく。
2作とも、文学的深みというのはあまり感じられませんが、読みやすくて面白い、そして、女性心理の描写が巧みな作品になっています。百貨店のアパレル担当、学校の女性グループの描写…。男から見ると、ひょえええとも思う世界であります。
文章もかつての勢いが出てきた感じで、結構いいんじゃないでしょうか。

表題作は彼氏の部屋に彼氏の元カノが居候してしまった主人公のいら立ちが描かれます。
起承転結の「転」の部分は主人公とともに青筋をピキピキ立てるようなむかつきが起こり、最後の大爆発がスカッとします。かわいそうって言葉、自分はあんまし使いませんが、なんかもうタイトルからして内容が絶妙ですなあ。

もう一つの作品「亜美ちゃんは美人」は主人公「さかきちゃん」と同級生「亜美ちゃん」のおはなし。
さかきちゃんは美人だが、それ以上に亜美ちゃんがとても美人かつ男を引き付ける態度をとるため、いつも引き立て役に回ってしまう。という、まるで寓話の様なおはなし。
文系学部やら共学高校やらで多感な時期を過ごした人間なら、亜美ちゃんみたいな娘、思い浮かぶのではないでしょうか。
かわいいとみんなに言われていた娘が、「何であんな男と」というタイプと付き合ったり、いきなりヤンキー化してしまう現象の理由を説明されたような気になりました。しかもそういう娘の計算された天然のようなキャラ付けを見事に亜美ちゃんというキャラクタで具現しているのが凄い。まあそれ以上に亜美ちゃんの彼氏がウザキャラかつDQNで面白くてダメンズという、すごい存在感を放っております。その対照的な存在として「亜美研」の小池君という存在もいるのですが、彼の存在も秀逸でしたな(個人的には『蹴りたい背中』の「にな川」が大人になったらこんな感じなのもって思いました)。

ただ、こんな女視点の毒満載の小説書いて許されるのも「りさちゃんは美人」だからなのかもしれ…なくもない?

| 読書 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 01:15 | - | - |









http://libris.jugem.jp/trackback/1353
「かわいそうだね?」綿矢りさ
私の彼は元彼女と同棲中……週刊誌連載時から話題を呼んだ表題作と、女子同士の複雑な友情を描く「亜美ちゃんは美人」の2篇収録。 同情は美しい、それとも卑しい?美人の親友のこと、本当に好き?誰もが心に...
| 粋な提案 | 2013/06/28 3:06 PM |
女性をユーモラスにリアルに
小説「かわいそうだね?」を読みました。 著者は 綿矢りさ 「勝手にふるえてろ」が私的に良かったので また 綿矢作品を! 今作も 女性を軸に 恋愛モノといえながらも その文章タッチは 彼女ならではというか 若者らしさ、なんというかポップさというのか しかし 文
| 笑う社会人の生活 | 2015/03/14 9:35 PM |