Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
<< ファンタジーサッカー・第8節結果 | main | 色々と考えのまとまらない敗戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
静かな爆弾/吉田修一
吉田 修一
中央公論新社
¥ 1,365
(2008-02)
吉田修一の最新作。あの「悪人」刊行後初の作品になります。

テレビ局の番組制作者である主人公と、耳の聞こえない女性との恋愛が中心になって進む物語。コレまでの作品「東京湾景」とかだと、もうチョットオシャレな感じの作品に仕上がってたと思いますが、悪人で得た感覚をもとに、吉田さんが創造の新たなステージに立ったのかな、という気持ちもしなくも無い印象を受けました。

恋愛小説、といっても差し支えは無いのでしょうが、それ以上にこの物語が伝えたいことは、「伝える」「伝わる」ということは一体どういうことなのか。ということでしょう。

何気なく会話して伝わることが、筆談にすると中々伝わらない。今思っている事を言葉にしても、本当にこの言葉でいいのか。テレビ番組を作るにしても、視聴者には伝わるのか…。喧騒の中でガヤガヤと酒を酌み交わしながらの会話と、音のない中での筆談の違い。何故他人の仲間内でしか通じない会話は聞いていてイライラするのか、などなど…。
コミュニケーションというものは危ういものなのだ、と思わされるとともに、世界は知らないものや事だらけなのに人はなぜこんなに不安がらないのか?といった疑問も投げかけてきます。
また、あくまで物語は主人公の男性が中心。周囲の人間は多分あえて細かく書いていない。恋人同士の関係になった女性でさえも。彼に見えている世界はこの程度のものである、ということなのですね。

小さいエピソード一つ一つの雰囲気の描き方が相変わらずウマいですね。個人的にはプールの更衣室でのホストグループとのやり取りの描写は秀逸だと思ったよ。後は、ホント静けさを感じるんですよ、筆談のシーンに。

ただ、冒頭(出会いのシーン)と結末(家を探すアレ)はチョット急ぎすぎたかなーって気もしなくも無いですね。少し違和感が残りました。

後は、有川浩「レインツリーの国」と読み比べてみるのも一興かと。同じ素材でもジャンルも性別も別の作家が書くと、ここまで料理のしかたが違うのか、そして味わいもここまで異なるのかと、きっと思いますよ。
| 読書 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。