Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かわいそうだね?/綿矢りさ
綿矢 りさ
文藝春秋
¥ 1,365
(2011-10-28)

綿矢りさの最新作。表題作を含む中編2作が収録されています。

女性作家で新作追っかけているのは、今や綿矢さんぐらいになってしまいましたが、女性作家の視点を味わうと、「うお…」と思わされることがしばしば。女性の同性・異性を見る目って男と違うんだなぁとつくづく。
2作とも、文学的深みというのはあまり感じられませんが、読みやすくて面白い、そして、女性心理の描写が巧みな作品になっています。百貨店のアパレル担当、学校の女性グループの描写…。男から見ると、ひょえええとも思う世界であります。
文章もかつての勢いが出てきた感じで、結構いいんじゃないでしょうか。

表題作は彼氏の部屋に彼氏の元カノが居候してしまった主人公のいら立ちが描かれます。
起承転結の「転」の部分は主人公とともに青筋をピキピキ立てるようなむかつきが起こり、最後の大爆発がスカッとします。かわいそうって言葉、自分はあんまし使いませんが、なんかもうタイトルからして内容が絶妙ですなあ。

もう一つの作品「亜美ちゃんは美人」は主人公「さかきちゃん」と同級生「亜美ちゃん」のおはなし。
さかきちゃんは美人だが、それ以上に亜美ちゃんがとても美人かつ男を引き付ける態度をとるため、いつも引き立て役に回ってしまう。という、まるで寓話の様なおはなし。
文系学部やら共学高校やらで多感な時期を過ごした人間なら、亜美ちゃんみたいな娘、思い浮かぶのではないでしょうか。
かわいいとみんなに言われていた娘が、「何であんな男と」というタイプと付き合ったり、いきなりヤンキー化してしまう現象の理由を説明されたような気になりました。しかもそういう娘の計算された天然のようなキャラ付けを見事に亜美ちゃんというキャラクタで具現しているのが凄い。まあそれ以上に亜美ちゃんの彼氏がウザキャラかつDQNで面白くてダメンズという、すごい存在感を放っております。その対照的な存在として「亜美研」の小池君という存在もいるのですが、彼の存在も秀逸でしたな(個人的には『蹴りたい背中』の「にな川」が大人になったらこんな感じなのもって思いました)。

ただ、こんな女視点の毒満載の小説書いて許されるのも「りさちゃんは美人」だからなのかもしれ…なくもない?

| 読書 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(2) |
ファンタジーサッカー・第2.3節結果と第4節

毎節毎節勝負チームを見誤って、苦しいシーズンを送っております。
第2節結果。  勝負チーム・柏
小澤 英明 新潟 GK 5 3 0 0 0 0 2 0
ジェシ 川崎F DF 10 3 3 0 1 0 3 0
扇原 貴宏 C大阪 DF 8 3 0 0 1 0 4 0
那須 大亮 柏 DF 6 3 1 0 0 0 1 1
清武 弘嗣 C大阪 MF 5 3 0 0 1 0 1 0
ジョルジ ワグネル 柏 MF 3 2 0 0 0 0 0 1
山口 螢 C大阪 MF 4 3 0 0 1 -2 2 0
中村 憲剛 川崎F MF 8 3 1 0 1 0 3 0
橋本 英郎 神戸 MF 4 3 0 0 1 0 0 0
リカルド ロボ 柏 FW 2 3 0 0 0 -2 0 1
レナト 川崎F FW 16 3 0 5 1 0 7 0
合計71 20462位

第3節結果。 勝負チーム・横浜FM
飯倉 大樹 横浜FM GK 9 3 1 0 0 0 2 3
栗原 勇蔵 横浜FM DF 9 3 2 0 0 0 1 3
ジェシ 川崎F DF 7 3 1 0 0 0 3 0
扇原 貴宏 C大阪 DF 6 3 1 0 1 0 1 0
小林 祐三 横浜FM DF 9 3 2 0 0 0 1 3
清武 弘嗣 C大阪 MF 8 3 1 0 1 0 3 0
兵藤 慎剛 横浜FM MF 5 3 0 0 0 0 0 2
山口 螢 C大阪 MF 5 3 1 0 1 0 0 0
中村 憲剛 川崎F MF 6 3 0 0 0 0 3 0
齋藤 学 横浜FM FW 5 3 0 0 0 0 0 2
レナト 川崎F FW 4 3 0 0 0 -2 3 0
合計73 18297位
総合14456位
かつてトップリーグだったのに見る影もない惨状です。まるでどこかのチームみたいですね(どこなのかはご自由にご想像ください)。

てなわけでそろそろ何とかしたい第4節はこんな感じで。
勝負チーム・清水
FW  レナト(川崎F)獲得Pp10.80市場Pp12.63
 アレックス(清水)獲得Pp9.82市場Pp9.82
 高木 俊幸(清水)獲得Pp9.22市場Pp9.22
MF  中村 憲剛(川崎F)獲得Pp14.28市場Pp15.73
 山口 螢(C大阪)獲得Pp2.94市場Pp8.81
 河井 陽介(清水)獲得Pp4.40市場Pp4.40
DF  扇原 貴宏(C大阪)獲得Pp8.42市場Pp10.60
 ジェシ(川崎F)獲得Pp8.39市場Pp12.32
 李 記帝(清水)獲得Pp7.19市場Pp7.19
 岩下 敬輔(清水)獲得Pp11.22市場Pp11.22
GK  林 彰洋(清水)獲得Pp6.83市場Pp6.83
最初ガンバ固めで一発勝負を考えたのですが、“下位”に強い平井の恩返しの予感、パウリーニョ欠場、当日雨とあまりよくなさそうだったので、逆札幌固め=清水で勝負。でも清水の選手カード多いんだよな。守備陣は無難にいくならヨンアピンなんだろうけど、岩下の得点力に期待して獲得。けど、赤紙貰う確率も高そうで博奕感満点ですな。川崎トリオとC大阪のボランチコンビは今後も固定で行くことになりそうです。川崎の3人は悪いなりにボーナスは稼いでくれそうなので。C大阪の2人は安く手に入れたのでね。
開幕から起用していた清武は手放しました(キム・ボギュンは2節で手放している、我ながらセンスなさすぎると思う)。いずれドイツに行くようなので。昔みたいに年俸が倍になるなら使ってたんだけどな。それはそれで惜別弾とかありえそうだけども、今すぐにはドイツには行かなさそうなので…。

| サッカー | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛の続き/イアン・マキューアン

マキューアンの過去作品のめぼしいところもこの作品で読み切ってしまった。あとは新作を待つか、1983年に出たけど絶版になってる初期作品「ベッドのなかで」を何らかの形で読むしかないですね。

で、こちらの「愛の続き」。
主人公の科学ライターが、とある事件をきっかけに、事件の場に居合わせた男の愛の対象となってしまうというもの。愛といっても、ちょっと狂信的な愛なのである。狂気を孕んだストーカーに監視される主人公の日々の歪みと、パートナーとの関係もおかしくなってく様が淡々とした筆致で語られていきます。

読み終えると、さすがマキューアン、という感想しか出てこない。やっぱり小説家としてめちゃくちゃうまい。細かいエピソードとか心の動きとか、ホント文章なのに「手に取るよう」という形容がとても似合う。ストーリの次についている付録っていう文章が、またうまいんだよなあ。本編を読み終えたときに感じた感情が色々揺らいだり固まったりするんですよねえ。

そして今回の作品は怖い。ホントにこういうこと、ありそうだって思えてしまう。
有名人がtwitterでストーキングされてるのを見たりするとなおさら。たとえばhttp://togetter.com/li/249626 とかhttp://togetter.com/li/261366 ね(これはこれでノンフィクションサイコホラーでヤバイんですが)。
マキューアンは実例をもとに小説を組み立てているんですなあ、ただこの物語を読み終えると、読者は「愛」って何だと思わされるんですねえ。
人を深く愛するってことは、スタートは正直冷静な精神状態ではないですよね、言い換えればパッションが無くては出てこないものです。ただ、純粋といえば純粋ではあるんですよね。で、相手との相互理解や、お互いの愛がぶつかって、完成するのが普通なんです。男女の愛にせよ、家族の愛にせよ、ね。
ただそれが覚めずにずっと続いてしまった場合、相手のリアクションがないのにずっとパッションが自己完結で増えていった場合は、その愛に救いはあるのか、その先はあるのか、という疑問が生じてしまうのですねえ、いうなれば、生身の人間が、生身の人間の崇拝の対象になってしまった場合、どうなってしまうのか?そうなる可能性は、どこにでもあるのではないか?と。

知識と気品と人の心のあやをすべて込めてくる、マキューアンの新作、次はいつになるんだろうか。個人的には村上春樹よりもノーベル文学賞を取ってほしい作家さんになっています。

| 読書 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ファンタジーサッカー・第1節結果と第2節

ファンサカ復活に伴い、このブログも定期的に更新されるコンテンツが復活しました(苦笑)
かつてはトップリーグまで上り詰めましたが、以前よりも予想に使える時間と知識が減ってますので、見る方にとっては大してあてにならないかもしれませんが、グラサポながらもグラがらみの試合はオールスルーというポリシー継続で頑張っていこうと思います。

復活したファンサカのポイントは勝負チームルールと選手ポイント制度ですな。固めるために手放しまくって編成すると、まともに編成できなくなりそう…。青田買い・囲い込みとその見切りが新しくプレイヤーに求められるところですね。勝負チームルールは、負けたチームなのに勝ったチームよりもFPが高くなるってのはどうなのかと思うんですけどね…。ルールには従いますが。

てなわけで第1節の結果。 勝負チーム・C大阪
キム ジンヒョン C大阪 GK 16 3 4 0 0 0 5 4
扇原 貴宏 C大阪 DF 8 3 1 0 0 0 2 2
藤本 康太 C大阪 DF 10 3 3 0 0 0 1 3
岩政 大樹 鹿 島 DF 5 3 1 0 0 0 1 0
遠藤 保仁 G大阪 MF 7 3 0 0 0 0 4 0
清武 弘嗣 C大阪 MF 10 3 1 0 0 0 3 3
山口 螢 C大阪 MF 10 3 1 0 0 0 3 3
中村 憲剛 川崎F MF 8 3 1 0 1 0 3 0
カルリーニョス 大宮 MF 2 3 0 0 0 0 -1 0
ケンペス C大阪 FW 6 3 0 0 0 0 1 2
前田 遼一 磐田 FW 3 3 0 0 0 0 0 0
合計85 12127位
しょっぱすぎる。何でカルリーニョスなんて使ったんだろう。ボーナス稼ぐと思ったらマイナスとか…。
まあセレッソの五輪トリオは思い通りにボーナスは稼いでくれましたし、山口の青田買いに成功しましたが、鳥栖にスコアレスで引き分けとか、せっかくの勝負チームが期待外れでしたわ。

第2節はこんなかんじで。 勝負チーム・柏
FW リカルド ロボ (柏) 獲得Pp6.00 市場Pp6.00
FW レナト(川崎F) 獲得Pp10.80 市場Pp10.80
MF  清武 弘嗣(C大阪) 獲得Pp10.05 市場Pp10.55
MF  山口 螢(C大阪) 獲得Pp2.94 市場Pp7.35
MF  中村 憲剛(川崎F) 獲得Pp14.28 市場Pp14.99
MF  橋本 英郎(神戸) 獲得Pp7.26 市場Pp7.26
MF  ジョルジ ワグネル(柏) 獲得Pp18.61 市場Pp18.61
DF  扇原 貴宏(C大阪) 獲得Pp8.42 市場Pp10.10
DF  那須 大亮(柏) 獲得Pp7.30 市場Pp7.30
DF  ジェシ(川崎F) 獲得Pp8.39 市場Pp8.39
GK  小澤 英明(新潟) 獲得Pp5.57 市場Pp5.57
柏のロボ・那須・小澤以外はボーナス重視の起用です。ボーナスよりも勝負チームでドカンとあてたほうが大きいのはわかってるんだけどねぇ…。まだ新ルールに順応しきれていない感があるな。
にしてもPpが足りん…。正GKのPpは1失点程度なら結構なところで高止まりする仕様っぽいので(ていうか全体的に守備陣レギュラーのPpって下がりにくそうな印象だ)、だれか囲い込んでおきたいのだが…。小澤は3節に手放すことは確定だしなー。ていうか小澤もでるんだかどうだか。
「前田のシーズン第1号ゴールを決められたチームは降格する」というジンクスを知ってると、相手が降格あり得そうな相手なので起用してみたくなるのですが…断念。柏・C大阪・川崎から3名ずつ起用なので、勝負チームに困ります…(川崎は1.0なのであり得ないけど)。

| サッカー | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
SOSの猿/伊坂幸太郎
伊坂 幸太郎
中央公論新社
¥ 1,575
(2009-11-26)

伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」以降の作品です。

やはり「ゴールデンスランバー」より前と後では作風が変わったなあ、という印象を受けますねえ。
村上春樹における「アンダーグラウンドの前後のような、そういう感じでしょうか。
かつては伊坂さんの主戦場は小説雑誌でしたが、今は新聞小説と文芸誌にシフトしています。「群像」で連載小説持つくらいなんですから、書いている小説も変容していて当然ですよね。過去の作品のファンの方としては残念なのかもしれませんが、作家としては正しい在り方だと思いますけどね。

というわけで、この「SOSの猿」もミステリ要素は薄めで、「社会と人」について意識的に描いている印象を受けました。登場人物の言葉や、一部の登場人物の造形、結末の雰囲気なんかは、従来の伊坂作品っぽいんですけど(救急車の下りとか個人的には大好きです)、初期の作品が好きな人としたら、引用が「西遊記」だけでは食い足りないんでしょうし、作品間リンクも少ないですしねえ。個人的には読後に表紙と内容があんまりフィットしていない印象を受けましたが。
二つの物語が交互に語られ、どういう形で接点を持つのかが中盤の終わりに語られる。第3の登場人物の視点が終盤の入り口を示し、最後に主人公の視点で終わる、という形。…って完全にネタバレだな。

人が悪事を行う原因は、暴力をふるう原因はいったいどこに?そこに正しい/悪いの烙印を付けるのは誰なのか?とか、人間一人のできることの限界とか、夢ってなんだろうとか、まあ色々と考えてしまうところはありました。好き嫌い別れそうな作品ですが、個人的にはかなり好きな作品です。「モダンタイムス」とかよりも作品としての試みがうまくいっているように思いました。

| 読書 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
なずな/堀江敏幸
堀江 敏幸
集英社
¥ 1,890
(2011-05-02)

去年の「本の雑誌」年間ベストになっていたのと、内容に興味をもったのとで、久々に堀江敏幸作品を読んでみることに(ずいぶん昔に「雪沼とその周辺」を読んだ)。

図書館で借りたので2週間以内で読み終えるという縛りがあったのですが…。
2週間で読み終えるのがもったいない作品でした。できることであれば、1日1章ずつ、1か月くらいかけてゆっくりと読むのが合っている本だと思います。それだけ、作中の空気もゆったりとしていますので。

そんなわけで、しみじみと丁寧に描かれた小説です。大きな事件は起きない、舞台は狭い、主人公はおじさんと、これでもかと設定が地味ですが、その地味さがイイのだ。派手なことは起きなくとも、日々のでき事が丁寧に描かれて、そこに対する様々な発見がしっかり描かれていたらそれでいいのですよ。まさに「文芸」であります。

ストーリーは、40代の地方小新聞の記者(独身・独り住まい)が、事情により生後数か月の赤ん坊の育児を任せられることなり、そこで変化する日常を描く、といったもの。
まあ、ストーリーはともかく、この物語の肝要は、題名になっている赤ん坊の「なずな」との育児シーンにあるでしょう。日々「更新されていく」存在である赤ん坊。周囲の空気を一変させ、その世界の中心になる赤ん坊。その空気の描き方が素晴らしいのですよ。
日常をここまで淡々としつつ、丁寧に描ける堀江さんの筆力は素晴らしいです。終盤、主人公の菱山の気持ちがひしひしとわかりましたもんねえ。そのあとやってくる結末は結末でしみじみしていて、いいなあと思いましたが。
育児は「孤独」とか「不自由」と言われたりしますが、菱山のように周囲の人に助けられたり、温かい目で見守ってもらえることが何よりの助けになるかもしれませんねえ。

とはいえ、現実はそんなに甘くないのかもしれないけどもしれませんが。
大変でありつつもそれ以上の喜びがあるのが育児なのだろう、と思います(まだ今は育児経験がないので何ともいえないのですが)。
| 読書 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
砂漠/伊坂幸太郎
伊坂 幸太郎
実業之日本社
---
(2005-12-10)

伊坂幸太郎の未読作品をぼちぼち減らしております。

ということで、今回は「砂漠」。前回読んだ「あるキング」とは違って、ファンが伊坂さんに求めてるのはどっちかっていえばこういう作品だろーなーという感じ。
軽妙洒脱な会話、センスフルな引用群といった伊坂小説の特徴が満載です。

どこか俯瞰的にものを見る主人公北村。
クールビューティ・東堂。
小規模な超能力者・南。
熱くて暑い・西嶋。
いきおいとおちゃらけ・鳥井。
主人公の恋人・鳩麦。

東西南北と鳥が苗字に入っている登場人物達である。でもって、作中ではよく麻雀を打っております。麻雀のルールが分かるのとわからないのでは楽しみ方が違うのかな。私は大学時代によく麻雀を打ってましたので(とっても弱くてカモ扱いでしたが)、少々突っ込みどころもありつつも楽しく読めましたよ!
「言い訳を考えるゲームだ」という作中の鳥井のセリフは全くその通りですねえ。言い訳しまくってましたわ・・・。

でもって、春夏秋冬の四本立ての連作仕立てになってます(季節牌ってことなのか?)。
春夏秋冬でいろいろ事件が起こるわけですが、冬でいろいろと締めくくられれ、最後の春がエピローグ。この終わり方が他の作品ではあまり見られないすがすがしさがあります。
あと、冬の途中まで読んでみて「ああ、春夏秋冬ってそういうことでもあるのね」ということが分かります。この辺うまいなあ。となると、鳥井は勉学でもすさまじい努力をしたんだな、とか、そういえば途中で受けてた講義が一般教養じゃなかったな、とかそういったことがもわかって来たりする。

にしても、伊坂さんは西嶋という人物を描きたいからこの作品を書いたように思ってしまうんだが、いかがなものでしょうか。逆にこの小説に西嶋がいなかったら、フツーの大学生活小説でしかなかったようにも思うくらいですからねえ。

あと、他の伊坂作品みたく映像化されてもまったくおかしくないんだけども…映画よりも連ドラのが向いてるように思いますが。

| 読書 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
あるキング/伊坂幸太郎
伊坂 幸太郎
徳間書店
¥ 1,260
(2009-08-26)

伊坂幸太郎の作品の中ではあまり「ファンのいない」印象を受けるこの作品。
読み始めてみると意外なまでにあっさりと読み終えてしまいました。

読んでみて、「なるほど、確かにファンは多くなさそうだ」と。伊坂作品ファンが求めているものがあまりこの作品にはなさそうだからねえ。他作品とのリンクもないし、センスを感じさせる映画・文芸作品もない(出てくるのは「機動戦士ガンダム」とシェイクスピア)。特に従来読者のうち女性からの受けが悪そうな…。主人公王求のことがに共感も理解も難しい感じですし、女性登場人物に魅力的なひともいないしねえ。とにかく全体的に気持ち悪いというか不穏なトーンが漂っております。

個人的には好きですよ。いいじゃないですか、こういう寓話で悲劇で伝記かつ、シェイクスピアのオマージュって中々読めないですよ。予定調和ばかりじゃつまんないですし。
キングスのことについては、いつぞや負けまくったけど黒字だった仙台の某球団のことを揶揄してるのかと思ったけど、そういうわけでもなさそうですね。むしろ…ゲフゲフ。

| 読書 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブンデスの星、ふたたび/井上尚登

ホペイロ坂上シリーズ3作目にして最終作。

JFL・J2ときてJ1編。坂上さんの所属するビッグカイト相模原は残留争いするチームとして描かれ、相変わらず、ピッチ外で起こった不思議を解決する連作短編となっております。

全2作以上に「別にこれJリーグ舞台じゃなくてええやん」という話は多くなっているような気がしなくもないですが、まあ登場人物のキャラが立ってきたということの裏返しなのかもなぁ(個人的には慈社長がイイですね。ああいう社長よこせとリアルで思っているサポは多いんじゃないかな)。
それぞれのエピソードはネタバレになりかねないのであまり踏み込めない…。

物語としても大団円。きれいな終わり方を見せて終わりました。こういうほのぼのほんわかしている、ピッチ外が中心のサッカー小説ってこのほかにあまり知らないので、完結がちょっと残念です。
殺伐としていない、女性や子どもだけでゴール裏に来れるスタジアムであるから、こういう小説が生まれるのかな。とも思いました。

| 読書 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年もよろしくお願いいたします

12/29から1/3までの年末年始の休みは、ほとんど寝るか食べるかテレビ見て、たまに掃除したり、買い出ししたり、思い出したように近所に初もうでに行ったりして終わりました。明日から仕事なのが信じられません。

やはり無理やりにでもイベント感を自分で演出しないと年末年始を過ごしている実感は薄くなるものですな(昨年は大掃除やら年明け早々甘酒&初詣やら、近所の海岸に初日の出みにいったり、福袋を買いに行ったりした)。まあ、家族と一緒にのんびりしてる時間が長かったから、それはそれでいいのかなと。

ともあれ、2012年もよろしくお願いいたします。
ブログは相変わらず読んだ本の感想が主になると思います。

| 日記・たわごと | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |