Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
年末ですね

今日から年末休暇です。
今年は例年だったら書けているはずの記事がかけていなかったりする。

読んだ感想をかけていない本は以下の通り。
4444/古川日出男 …日本語力がぶっ飛んでるぜ。
のはなし さん/伊集院光 …相変わらず上手い語り口。
残念な人の思考法/山崎将志 …こういう本を読んでる自分が残念すぎる。
贖罪/イアン・マキューアン …さすが世界文学!読み応えと内容の重厚さは抜群。しかしこの本をハネムーンに持っていく自分って…
トータルで読んだ本の量が減っちゃったなあ…。

見たけど感想書いていない映画は
ハリーポッターと死の秘宝 part1 …どんどん重くなってくなあ。知り合いが「ホラーポッター」って言ってた。途中であったハリーとハーマイオニーのダンスシーンの存在意義は何なんだろう。

行ったけど感想書いてないグランパスの試合は
7/28 H湘南戦 …今思いなおすとダニルソン覚醒の試合だったのだなあ。
9/5 天皇杯・中京大戦 …とにかく暑かった。選手たちがヘロッヘロでした。
12/4 H広島戦 …この日のゴール裏の皆は幸福感いっぱいだったね。

ざっとこんな感じ。やはり結婚するとなかなかブログ書いてる暇もないっすね。
その分スーパーへの買い物に付き合ったり、家事を少しずつ勉強したりしてます。これはこれで新鮮な生活だ。

あとなぜか教育テレビを見る割合がものすごく増えました。夜9時〜11時の教育テレビ、結構面白い番組多いんですよ。

| 日記・たわごと | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
生存報告とご報告
お久しぶりです。

生きてます。
まさかスポンサー広告が出てくるまで放置してしまうとは…スイマセンスイマセン。

ここ数か月、プライベートが多忙でしたので…。
近しい方はすでにご存知のことですが、改めてご報告。

先月に籍を入れ、現在新居にて生活を送っております(あ、新婚旅行も行きました)。

とりあえずご報告まで。詳細は…ここではそんなに書かないです。相手のこともあるし、申し訳ない。
ただ、結婚にあたっていろいろとアドバイスや贈り物をくださった方には感謝の言葉しかありません。本当に、本当にありがとうございました。

結婚式直前は毎日ドリンク剤を飲んで生活してましたが…
いやあ先輩の夫婦の皆様は、みんなこの準備の大変さ(楽しい大変さであり、経験しなくちゃいけない大変さですけどね)を乗り越えてるのだなあと思うとスゴイなぁと思います。
今後結婚する方には、「準備はどれだけ早くから初めてもいい」という言葉と「『一生に一度』という言葉はいろいろとマジックなワードだ」という言葉を贈りたいと思います。

更新を休んでいる間に・・・
読んだ本は5冊くらいありますが、感想はかけてないなあ。気が向いたら書こう。

グランパスの試合も2試合(あれ?3試合かな)現地で見てます。11月・12月の豊スタは現地参戦予定です。

マジアカはかなり投稿頻度が落ちました(8じゃラスクが復活するのに2から使ってたメインカードのデータを消してしまった…これは自分でもあんまりだと思う)。で、サブカメインでやってた7ではまだ賢者だしEDも見てません。時間があればミステリー検定も頑張りたいんですが…。

まだまだ新生活が落ち着いてませんし(新居に段ボールは山になってませんが、ものの入った紙袋がいっぱいあります、早く片付けたいわ…)、今後は更新頻度が以前よりは落ちると思いますが、休止はせず、ぼちぼち更新は続けていきますので、たまにはここを覗いてやってください。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| 日記・たわごと | 00:43 | comments(4) | trackbacks(1) |
クォンタム・ファミリーズ/東浩紀

批評家・東浩紀の初小説。にして三島賞受賞作です。

平行世界のお話にして、いわゆる「ゲーム的リアリズム」の小説化に挑んだ作品ですね。
まあ何といいますか、簡単に読ませてくれません。ぶっちゃけ読むのは大変です。特に最初の100ページがつらかった。そこからは物語が動き始めるので、面白く読めましたが、全体の構造を理解し切れているのかどうか不安になる読後感。でも、「やり直し可能な人生」とか、「人生の分岐点」とか、「あの時ああしてたら、今頃自分ははどうなっていたんだろう?」とかそういったものを考えさせられずにはいられない内容ではありますね。

筋は何とも難しい。「平行世界」に住む娘からのメールを切っ掛けに一人の男の人生が大きく変化する、というものですが…上手く説明できないなあ。
小説の分類的には、文学というよりは、キャラの立っていないラノベのような、SF小説のような、そんな感覚を受けました。でも色々と考えさせられるところもあるから、文学としても捉えられるんだろうなあ。デビュー作でその辺を両立させているところが凄いですねえ。
でも、なんつうか、私はこの物語をちゃんと受け止って消化しきれてないです。自分の器が足りんのですかね。

あと、この作品を読んで思ったのは、村上春樹っていわゆる「家族小説」って書いてないな、って事を思いました。この作品が広義の家族小説で、村上春樹を作中引用してたから、なんですけれどもね。

| 日記・たわごと | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
フリーター、家を買う。/有川浩

有川さんの去年出た作品を読みました。

就職して数ヶ月で仕事をやめた主人公。暫くはバイトを転々としていたフリーター生活を送っていたが、家族に重大な問題が発生する…主人公は変わらざるを得ない。が、金は無い、経歴も無い。さあどうする?というお話。

うむ。相変わらず安心して読めるねえ。有川さんの作品の中ではかなりトーンの重い展開がいくつかありますが、まあそこはあり皮作品。ハッピーエンドが準備されている作品だからその辺は安心。

厳密言えば「フリーターが家を買う」という話ではないのですが。まあそこは物語の本題とは意外と関係なかったりする。物件探しで色々ページを割くかと思ったら意外にあっさりしてたよなあ。
どちらかというと「働いて家族を支えるってのはどういうことなのか」「すねかじりが稼ぎ手になるにあたっての成長」といったお話でしたね。

やっぱり有川作品って「現実こうなったら良いな」と読んだ後思えるスカッとする話だけど、ああ、自分もがんばんなきゃって思えるところが魅力なんだし、文章も一気に読みきれるように、倒置法を多用した勢いのいい文章でかかれてます。で、文章で大体のことは説明されているので分かりやすく、行間を深く読む必要は無い…で、かなり大仰な心情や会話表現、ベタ甘恋愛ももりこんでマンガチックな楽しみもありつつ。
…それを狙って書いてる。もう、現実ベースのファンタジーってな、そういう物語を作らせたら職人クラスだなあ。
だけども取材やらは裏打ちしておいて、現実の地味でめんどい所はあえて書いてない所もありつつ。これはある種のプロ意識。娯楽小説です、文学や直○的なそこそこ重厚感を求めてる人は他所へどうぞ、ってことなのかも。

| 日記・たわごと | 00:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
謹賀新年
元旦の富士山
新年明けました。
旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
このブログを読んでくださっているみなさん、私の身の回りのお世話になっているみなさんにとって、健康で素晴らしい一年でありますことを。

さて、この記事は東京行きのこだまにてポメラで書いています。人生初のグリーン車に乗ってますよ。往復15000円で東京までこだまグリーン車往復だなんて、企画切符ってお得だわー。
元日は丸々天皇杯決勝への移動と観戦で終わりそうです。普段の元日とはかなり違う一日になりそう。北側窓側の席なので「元旦の富士山」も拝むことができましたよ(帰宅後画像差し替え)。

さて、今年も一年の計は元旦にあり、という事で目標を。
今年は数値目標的なモノは立てずにいこうかなと。去年立てた目標は、多くが達成されずに終わったんだよなあ。
理由はまあ職場内の異動とか、彼女ができた事などによりますが…。
ただ、いわゆる「リア充」になったからといって、過去の自分に失礼のないように生きたいと思います。

日々をしっかりと、楽しんで、生きること。
学ぶ気持ちを忘れない。
周囲の人たちに感謝の気持ちを持つこと。
成長を実感できる一年にすること。
体脂肪と体重を増やさない。
毎月献血をする。
できる限り「甘えない」。

この辺を目標にしていこうかと思います。
では、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
| 日記・たわごと | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
2009年最後の記事
明日朝早く起きないといけないのでもう寝なくちゃならないのですが…


今年はパーソナルな点で大きな出来事がいくつかありました。この一年は人生の特異点だったのかと思うほどに。

でも、年は積み重ねられてゆくもの。自分の心臓が止まるまで人生は続き、様々な出来事に出会うのだと。
私に今年起きたことは私に将来起こることへの過程でしかありえないのです。
来年はもっと大きな出来事が起こると年になるかもしれない、そう思って、来年も日々しっかり生きたいと思います。

それでは、よいお年を。
| 日記・たわごと | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
11月振り返り(+10月の書き忘れ)

気がつけば12月。もう今年も1ヶ月を残すのみ。早いもんだ。
11月は「全国消費実態調査」に世帯で協力している関係で、そのうちの「個人収支簿」を付けてたのですが、それからやっとこさ解放されます。まあ小遣い帳は普段から付けてますからその延長という感じでそんなに辛くはありませんでしたが…。

さて、11月にあったことについて、続きにてご報告です。

続きを読む >>
| 日記・たわごと | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
よろしく人間ドック+9月10月振り返り
 今日は本来業務をお休みして人間ドックに行ってきました。
病院に行ってみると、お年寄りの方がたーくさんいらっしゃいました。インフルエンザの予防接種(季節性のほうね)の受診希望者がトンでもないことになってました。マスクして行って正解だったね。以前健康診断書を提出するために病院に健康診断を受けに行って、その翌日から風邪ひいて寝込んだ、というマヌケな経験があったので、同じ轍は踏まないって事で。

検査項目は検○×2、心電図、レントゲン、身長体重、視力聴力、眼底検査、血圧、採血、胸部エコー、内視鏡検査、診察。コレだけやって半日強かかりました。
うち眼底・胸部エコー・内視鏡は初体験。眼底検査・胸部エコーはともかく、問題は内視鏡だ。いわゆる胃カメラだ。カメラを飲むのだ。おおおお、ドキドキ。えずくのか、痛いのか!とか思いながら呼ばれるのを待つ。
「胃カメラ初めてですか?」
「はい」
「今回は鼻から入れます」
「え、鼻ですか、どんなのかわかりませんけど、お願いします」
で、なんか変なものを飲む(今日はじめて口にしたモノがこれでした)→鼻にスプレーされる→胃の働きを抑える注射→鼻から痺れ薬注入、暫く待つ(この時点で唾を飲み込んでも感覚がない…)。で。ベッドに移動。横になってると何かが鼻から入ってくる!この時が一番痛い!でもえずきはない。で、「グッと飲み込んでください」といわれ、飲み込むと、食道に!にゅるりと!何かが!目をつぶっていたが、暫くして開くと視線の先には自分の体内の画像が!あ、意外と綺麗。で、胃内を色々映してるのを観る。自分で自分の体の中をリアルタイムで観るってなんか不思議。12時間以上何も食べないと胃の中ってホント空になるのね。
終わってみると、あ、こんなモンかと思いましたが、なんだか衝撃的な出来事でした。
30〜45歳は5年に1度、45歳からは3年に一度人間ドックに行ってみようかと漠然と考えてます。人間健康が第一ですからね。

ええと、続きでは前回の続きで、9月10月のダイジェストをお送りします。7月8月より記憶にちゃんと残ってるので分量多めです。
続きを読む >>
| 日記・たわごと | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
気がつけば11月になっていた

日記カテゴリの記事の最新記事は6/27…。4ヶ月も放置してました。で、気がついたらブログ開設4周年も過ぎていたよ。

とりあえず近況から。
仕事はまあやっと体が慣れてきた感じ。とは言えやっぱり人と直接接する仕事は疲れる部位が違うねえ。理不尽に怒られたり、感情ぶつけられたりすると、自分自身が少しコントロールし辛くなる…。
先日はU-40プレミアセッションという業界人の集まりがあり、地元県での開催の集まりに行ってきました。まあ普通に飲み会って感じでした(国立国会図書館の館長がサプライズゲストだった東京会場とか凄かったみたいだけども)。とはいえ、業界人同士の横のつながりって良いもんだと思いました。次業界系イベントは図書館総合展参加予定です。最先端に触れるいい機会ですからね。

で、オフですが。
マジアカ登校もすっかり頻度が落ち、読書量も減少してしまいました。ていうのも最近久々にコンシューマゲームにはまってまして…ドラクエ9ではなく、メガテンのDS新作です。10月8日の発売日に購入してから、もうプレイ時間45時間くらい行ってるのにまだ中盤。ネット上の情報によると2周目の隠しもあるそうだ。最近のRPGはボリュームが凄いなぁ。
まあオフについては続きでもう一つ。

あとは、車の買換え手続きをすませ、後は入金すれば今月中に新車をゲットです。某T社じゃない方のHV車です。やはり自分の住んでる県で作られてる車に乗りたいじゃないですか。T社がスポンサーしてるサッカーチームのファンでも、そこは譲れませんという事で。試乗もしましたが、最近の車はボタンが多いなぁ、とかいう素朴な感想をもちましたとさ。


で、この4ヶ月何があったかといいますと…2回に分けてダッシュで振り返ります。今回は7・8月。続きにてどうぞ。9月・10月はまた次回。

とりあえず、ちゃんと続けていかなくてはと思って書くのをサボっていた部分を書きましょう、ということで。数ヶ月サボり気味でしたが、これからまた、それなりに更新ペースを守って書いていこうかと思います(以前ほどバリバリ更新できないとは思いますが)。

続きを読む >>
| 日記・たわごと | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の折り返し地点は近し

6月に入って、一頃ほど仕事は忙しくないにも関わらず、日頃の報告が遅れておりました。半月この手の記事を書かなかったのも久々のことですね。

仕事については、先に書いたとおり、4月・5月に比べると明らかに負担が減りました。周囲が見かねて、自分の担当している仕事をシェアしてくださったからなのですが。
前任者はそんなことなくてもキッチリとこなしていたことを考えると、自分のいたらなさを思って、申し訳ない気持ちになりますね。
とはいえ、毎日21時台に帰宅してたのが18〜19時台に帰宅できるようになったのは、気持ちの余裕もできます。平日は余裕無く働いて、休日の有り難みを実感する生活も「生きてる」って強く感じられて嫌いじゃないけどね。まあ現在の業務を2ヶ月やってきて自分の仕事のリズムを掴めてきたということも大きいよなぁとも思うわけです。おかげさまで、やっとこさ以前と同じくらいのペースで本が読めるようになってきましたよ。

休日は色々と同行者と出かけたりしております。美術館に行ったり、伊勢参り(内宮・外宮に別宮も)+赤福氷を食べたりしております。
別宮に掛かる橋
神宮についてはまあこんな感じで、別宮付近も非常に雰囲気があるので、本宮だけ参るのは勿体ないですよー。

合唱の練習もここ数週はちゃんと顔だしできてまして、グランパスの試合をゴール裏でみて声を出した後に合唱の練習をするとかいう荒行もこなしました。応援で「喉」から声を出しすぎ無ければ何とか持ちます。「腹」で声出して鼻に通せば、意外に枯れないモノです。その方が声飛ぶし。
先日にはステージもありました。合唱祭という、県内の各種団体が何曲か歌う、というイベントなのですが、指揮者の見た目で受けを狙うという、明らかに異色なことをやってましたよ(笑)。これからはコンクールの練習が本格化。まずは暗譜をできるようにしないとな。

で、今週は水曜日にグランパスのACLの試合を仕事を優先して見に行けず、帰宅して途中から観戦。苦しい試合だけど勝ってよかったよホント(その一方で「無理してでも観にいきゃ良かった」と後悔)。ケネディがACLで起用できないのはもったいないし。で、何で鹿島は負けてんだよ。Jで独走してるチームがACLという過密日程からも逃れた日にはますます首位固めしちゃうよな。つまんないなぁ。

今日は明日明後日と土日連勤のため、休日でした。合唱団の事務仕事というほどでもない仕事とか、美容室へ要ったりして過ごしましたよ。しかしマイコーの急死には驚いたなぁ…。なんか今年は何かのアイコンであったりシンボルであった方が次々にこの世を去っていて、ちょっとただ事じゃないですね…。

しかし、この半年、ホント色々有って目まぐるしかったです。30歳って人生の特異点なのかと思うくらい。何があったかはこのブログに書いてあったり無かったり、ですが…。

| 日記・たわごと | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |