Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
聖家族
聖家族 (JUGEMレビュー »)
古川 日出男
2008年に読んだ小説のベスト。とにかく凄い密度と長さ。すさまじいぞ。
RECOMMEND
悪人
悪人 (JUGEMレビュー »)
吉田 修一
2006年に読んだ小説のベスト(新聞連載をリアルタイムで読んでた)。読むべし。
RECOMMEND
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
町田 康
2005年のベスト本
RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), バッハ
あんましクラシックに明るくはありませんが、20世紀に残る一枚だと思います。レクター博士もお気に入り。
RECOMMEND
時をかける少女 限定版
時をかける少女 限定版 (JUGEMレビュー »)

2006年のベスト映画。劇場に5回観に行きました。自分が購入した限定版のフィルムは12日に戻ってプリン食べてるシーンでした。
RECOMMEND
今日の早川さん
今日の早川さん (JUGEMレビュー »)
coco
読書好きは読んで身につまされてみよう。
RECOMMEND
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
GIANT KILLING(1) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
ツジトモ
Jリーグ好きは読んで損なしのサッカーマンガ。
RECOMMEND
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (JUGEMレビュー »)
花沢 健吾
主人公田西にとても共感できる私はどうなんでしょうか。
RECOMMEND
ぼくのプレミア・ライフ
ぼくのプレミア・ライフ (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ, Nick Hornby, 森田 義信
アーセナル・バカ。本場のサポーターは凄いわ。
LINKS
OTHERS
ブログパーツUL5

カウンターは2006/12/1より設置

Zくん(from デイリーポータルZ)

 
献血と名古屋グランパスが好きな図書館司書の日々(誤変換多数)。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
図書館総合展2009フォーラム参加記その3「暮らしに役立つ法令エッセンス」
 図書館総合展会場でフォーラム全コマ参加、参加した全てのフォーラムで内容をポメラにペチペチペチペチと打っておりました。
その成果を当ブログで紹介しています。

1日目3コマ目は
15:30〜17:00 ロー・ライブラリアン研究会主催・フォーラムプログラム
「暮らしに役立つ法令エッセンス」
に参加しました。

詳細は「続き」で紹介しております。
続きを読む >>
| 図書館 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
図書館総合展2009フォーラム参加記その2「Googleブックサーチ・国会図書館蔵書デジタル化!!電子資料時代到来で図書館はどう変わるべきか?」
図書館総合展会場でフォーラム全コマ参加、参加した全てのフォーラムで内容をポメラにペチペチペチペチと打っておりました。
その成果を当ブログで紹介しています。

1日目2コマ目は
(株)ネットアドバンス主催・フォーラムプログラム
「Googleブックサーチ・国会図書館蔵書デジタル化!!電子資料時代到来で図書館はどう変わるべきか?」
に参加しました。
このフォーラムは裏が「10年後の図書館と大学」「財政危機をチャンスに変える思考と戦略」等の人が集まりそうなフォーラムだったため、人のいりはどうだろうかと思いましたが、立ち見が出てました。
それに負けない熱のある内容でしたよ。まとめを書いたフォーラムの中ではオススメの一つ。

詳細は「続き」で紹介しております。
続きを読む >>
| 図書館 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
図書館総合展2009フォーラム参加記その1「伝える技術と方法 〜リレートークand情報リテラシー交流サロン」
図書館総合展会場でフォーラム全コマ参加、参加した全てのフォーラムで内容をポメラにペチペチペチペチと打っておりました。
その成果を当ブログで紹介しています。

1日目1コマ目は
(社)日本図書館協会 (図書館利用教育委員会)主催・フォーラムプログラム
「伝える技術と方法 〜リレートークand情報リテラシー交流サロン」
に参加しました。

詳細は「続き」で紹介しております。
続きを読む >>
| 図書館 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ARGフォーラムを聴いてきました

岡本真さんのARGが主催するフォーラム
「この先にある本のかたち」
を日帰り突貫で東京へ聴きに行ってまいりました。
現地で「地方の方のためにインターネット中継もやります」ってのを知って「あ、そうだったの…」と3時間以上掛けて現地に来た自分の間抜けぶりを少し思いましたが。

会場参加者のノートPCを広げている率とiphone所持率、かなりのモンでした。ポメラは自分以外に1人確認。年齢層は結構幅広。学生から50代までいます。
神保町という場所的にも出版関係者が多かったのかな。間違いなく図書館関係者よりも多い。
あと、始まる前に本読んでた人も多い。当たり前か。

ええと、ポメラでひたすらメモってましたので、それをそのまま「続き」で垂れ流しておきます。
関係者の方等にとって問題があれば、もちろん消します(はてブあたりのコメントで「コレはダメじゃね?」って意見があった場合も消します)。今後書籍化されるという話もあるそうですし、発言者のコメントに私のバイアスが掛かって、変になっていたら、それは私の責任ですし。

全体の流れは、
長尾館長基調報告

指定討論

パネル討論

質疑

の流れでした。

仕事を離れて個人的な興味で参加したわけですが、そういう気持ちで参加してみて、本当に良かった。これは仕事を離れて考えたほうがイイ。まだ田舎の一介の図書館員が実務レベルに落としこめる話じゃない(けど、遅かれ早かれ直面する問題ではあるけど)。素直に「知的好奇心」を刺激されるフォーラムでした。

個人的に話を聞き終えて感じたことは、フォーラムの本題とずれるかもしれないけど…

「従来の情報や本が電子化されたとして、道先案内は誰がする?」ということ。もちろんそれが図書館の役割なんだろうけど…私の現状としては、RSSのフィードを読むだけでも精一杯なのに、これでTwitterなんかはじめたら、フォロワーのつぶやきをチェックしているだけで、他に何もできなくなる気がする(だからTwitterには手を出せないんです…)。そういう時間の消費を個人にとって最適化した形、そんなウェブ上の情報整理ってどうしたら、って思うんですよね。いやそれは個人の問題だ、って言う意見もあるでしょうけど、個人的にはそれを整理できる人なり仕組みなりあればいいんでは、って思うんです。じゃないとネットの海でおぼれちゃう人が増えちゃうんじゃないかなって思うんです。その案内人に司書がなれたなら、いいよなって思うんです(私は前述のとおり、おぼれるのを怖がるヘタレですが)。
後は本を電子化して課金するにせよ、ある程度「立ち読み」できるようにしておかないと…とも思ったりもしました。

個人が家にいながらにして、発信者からじかに情報を受け取れる場合、仲介者としての書店なり図書館なりの受けての近くにある「そこに行って手に入れる」というものが無くなるわけで。図書館は今とは違う存在になるべく解体されるのか。それとも、「アーカイブのダウンロードはウェブ上では行えません、一部の無料ダウンロード(日数制限アリ)は、図書館に行って行ってください」って事になったりするのかな。そうなった場合、「本の見せ方=配架」が全然別のものになっていそう。

本に変わる読書メディアが現れるのはいつになるだろう?自分が退職するまでには出てくるんだろうな、きっと。そのときには本に関わる色々なものが再定義されることになるんだろうなあ。

続きを読む >>
| 図書館 | 00:40 | comments(2) | trackbacks(3) |
ジュンク堂がTRCにノウハウを提供したら…?から始まる妄想図書館話
ジュンク堂が大日本印刷(DNP)の傘下に入ることになりました。
なお、DNPの傘下には丸善・TRC(図書館流通センター)も入っています。
ジュンク堂は自己資本強化のためにDNPの傘下に入ったということですが、ジュンク堂のプレスリリースでは図書館事業との連携、ってはっきり書いてありますね。

ああ、なんか色々と妄想してしまいます。

という事で、あくまで私見ですが、思うところ(殆ど妄想)をダラダラと書いてみました。

長い上に例の如くまとまりゼロですので、続きでどうぞ。
続きを読む >>
| 図書館 | 01:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
図書館について思ったことを取りとめ全くなしに書いてみた
図書館総合展のレポが始めてはてブのブックマーク数5超えで調子に乗って、図書館のことでも年間振り返ってなんか書いてみます。全くまとまりないので、続きで。

内容についても突っ込みが足りてないと思ってますが、今後考えを深めて行こうと思ってますのでご容赦のほどを…
続きを読む >>
| 図書館 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
図書館総合展参加記その2・2日目と3日目参加フォーラム編
もう終わってから2週間以上経過して、今更感漂いまくりですが。

2日目に参加したフォーラムは、
10:30〜12:00 読売新聞東京本社主催・フォーラムプログラム
「知的技術としての新聞データベース活用法」
13:00〜14:30 図書館流通センター主催・フォーラムプログラム
「TRC行政経営研究フォーラム『失敗に学ぶ行政改革、失敗しない図書館改革』」
15:30〜17:00 デジタルライブラリアン研究会主催・フォーラムプログラム
「貸出履歴を利用した新しい利用者支援の展開」
です。午前のフォーラムは、もうOPACなんていらない!? −Google時代の文献検索と目録サービス−」に参加したかったんですけど、申し込もうと思ったときには定員一杯になってました。残念。午後1はHN的にEx Libris社の提案を見てみたかったけども、公共図書館向けじゃなさそうなのでやめときました。午後2は「私の理想の図書館 丸善ライブラリーニュースアドバイザーの集い(公開編集会議)」も魅力的でしたが…。悩んだ結果こうしました。

3日目は、
10:30〜12:00 国立国会図書館主催・フォーラムプログラム
「図書館員の『知』を活用する –カレントアウェアネスポータルとレファレンス協同DBを中心に-」
13:00〜14:30 (社)日本図書館協会システム研究会主催・フォーラムプログラム 
「日本初のオープンソース図書館システムでワンパーソン図書館を動かす -田辺がいなくても、システムは動くのか?-」
15:30〜17:00 図書館流通センター主催・フォーラムプログラム
「図書館向けデジタルコンテンツ配信サービスの紹介 〜本格的な電子図書館実現へのシナリオ〜」
17:00〜17:40 日本事務器(株)主催・出展者プレゼンテーションプログラム
「システム担当者向けITツール初級講座」
に参加。3日目午後は議員さんがいらしての討論会も面白そうだったし、午後1の紀伊国屋主催の図書館員を元気にするアレも面白そうだったし、午後2の「アニメのリテラシー」も面白そうだったんですが。ホント体が二つ三つ欲しかったよ。ARGカフェについては、終わってからその存在を知りました。ARGの岡本さんのお話は来年1月に奈良で聴けそうです。

…フォーラムプログラム全コマ参加は正直疲れた。エスタロンモカ錠のおかげで乗り切ったようなモンだよ。
記録のようなものは1日目と同じく別ファイルにまとめました。

ファイルはこちら です(ブラウザでは非常に見づらいです。ダウンロードしてテキストエディタで見ることを推奨します)。

あくまで個人が見聞きしたことからのメモで、私個人の視点によるバイアスがメモ書きにも反映されていると思います。感想もあくまで私個人の意見ですのでそういうことで…モゴモゴ。
| 図書館 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
図書館総合展参加記(たぶん)その1・展示&1日目参加フォーラム編
展示ホール入口。フラッシュ焚かなかったんで暗い…
さて、先週の事になりますが、図書館総合展に行ってまいりました。

報告や感想っぽいものを書いてみましたが、滅茶苦茶長い上にファイル化されてるのもあります。
興味のある方は続きで。
続きを読む >>
| 図書館 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(2) |
Firefox×greasemonkey×amazonで図書館蔵書を横断検索してみよう(その3)
こちらの記事こちらの記事で公開しました、amazonの書籍検索結果から、図書館WEB-OPACの検索結果へリンクするスクリプトですが、更に追加を作成しました。

今回作成したのは以下の3つです(12/5に一館追加して4つに)。図書館名をクリックするとスクリプトがダウンロードできますよ。

名張市立図書館
伊勢市図書館
菰野町図書館
伊賀市図書館(12/5追加しました)
伊勢と菰野はISBN検索が問題なく動くようになってました。名張は最近システムが新しくなった様子。これで三重県内の公共図書館でのスクリプトは暫く打ち止めっぽいなー。大学図書館のスクリプトは自分のスキルで作ることができるだろうか。
| 図書館 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
本好き、図書館好きには、まるで夢の空間
ある日曜の午後、ニコニコ動画を見ていたら、こんな動画を見つけました。


その1


その2


その3

激萌え!
こんな所行きたいわー。働くのは大変そうですけどね…。あと、一部の施設は超バリアフルなので、新築では不可能かと。冷めた見方をすると維持費も気になるところ…。維持費が資料購入費を圧迫してるとかいう状況は日本の多くのt…ゲフンゲフン。後は見た目と機能性は中々両立しにくいんだよなー。
コメントで「日本の図書館はクソ」とか「日本にも一つ作れ」とかありますけど、海外の図書館と日本の図書館とでは施設そのものの社会的地位とか、歴史的蓄積とかが全然違うことを考慮の上で見なくちゃ…。同じようなモノを日本に作れってもな…。足もと見ることも大事だよねー。欧州みたいに「吹き抜けドーン!」「吹き抜けの下に閲覧席ドーン!」って作りをやるには日本って国は圧倒的に土地が足りんのだよな…。
私が訪ねた国内の図書館で建物的にもステキだと思ったのは国際子ども図書館でしょうかね。内部の漆喰とか、意匠がこらされてますよ。あとは函館の市立図書館、新館旧館どちらも良かったね。ステキな空間作りってのは「また来たくなる」っていう気持ちにもさせたりするからいい事かと思う。

あと、図書館が映像で堪能できるというものだと、映画「ベルリン・天使の詩」が超オススメです。
| 図書館 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |